2011年08月04日

ゲームについて Part2

 今日はゲームについての昨日の続きです。

 PSNの不具合によるお詫びでもらったゲームについてですが、私は「The Last Guy」と「WipEout HD」をもらいました。
 まず「The Last Guy」についてですが、ゲーム内容はどこぞのヒーローがモンスターに襲われている町から住民を助ける、みたいな内容なのですが、視点が町の上空からで、ヒーローやモンスターがものすごく小さいです。
 最初、自分がどこに居てモンスターがどれだかすらわからなかったです。
 ズームしたりズームアウトしたりも出来るのですが、一番寄った状態でもわかりにくいです。
 これは大画面でやること前提のゲームですかね?私は32インチでやったのですが前述の通りよく見えません。
 画面にかじりついてやれば多少見えるのですが、そこまでしてはねぇ・・・。
 そんな感じなので慣れるまで結構難しいです。慣れてもかなりの無理ゲーで、クリアするのがやっとって感じです。
 さらに、PS3のトロフィー機能対応なのですが、コンプリートするためには追加のパッケージを購入しなければいけないのです。
 なんかこの辺を見越して選択肢の中に入れた感じがしないでもないです。
 といいながら、結局買ってしまったのですが、この追加分がこれまた異常に難しいのです。
 ということで、このゲームはここで投げ出したままです。

 次に「WipEout HD」についてですが、ゲーム内容は紙飛行機みたいな乗り物を操作しコースを飛行するというもので、バトルではアイテムを使ってミサイルを撃ったり爆弾を置いたりして順位を競ったり、一定以上のラップタイムを出すみたいなことをやります。
 オンライン対戦にも対応しています。
 このゲームは操作方法がイマイチよくわからなくて、普通に走っていたら曲がれないカーブがあったり、難易度を上げるとクリアが難しかったりします。
 一応、エアブレーキなるものは有るのですが、車体が傾くのでバランスを取ったりするのが難しく、慣れないとかなり難しいです。
 モーションセンサーにも対応していて、コントローラーを傾けるだけで操作できたりもするのですが、まともに走行出来ず、すぐにあきらめてしまいました。
 ゲームとしてはこれといって特徴の無い、今までにも有ったようなものなので、特にはまりもせず、トロフィー獲得のため少しやる程度です。
 このゲームも追加パッケージが販売されており、オンライン対戦なんかではそれがないと対戦できないグループも有ったりします。
 この追加パッケージは900円もするので買っていません。
 ちなみに「The Last Guy」の追加パッケージは500円でした。
 900円出すならゲームアーカイブスの何かを買った方がいい気がします。

 ということで、結局大して楽しめないままHDDの容量だけが減った感じです・・・。

 「いつでも釣り日和」は2周目に入りました。
 1時間でエンディングまで行ってやる!という意気込みでやり始めたのですがとても無理でした。orz
 イトウがなかなか釣れず、結局19種類釣るのに約2時間掛かりました。
 その時点で「思い出」シリーズがレンタル出来るようになる、巨大魚31匹にも全然届いていないので、やはりわかっていてもある程度は時間が掛かりそうです。
 2周目をやってみて、新たにわかったこととか出てきたので、また明日にでも書きたいと思います。

タグ:ゲーム PS3 PSN The Last Guy WipEout HD

ランキングへ  posted by 遠雷 at 01:14 | コメント(0) | PS3

2011年06月15日

「PlayStation(R)Eye」用固定クリップ

pseye.jpg 今日は、左図のPS3のPlayStation(R)Moveで使用するカメラ「PlayStation(R)Eye」をテレビなどへ取り付け、固定するためのクリップを紹介したいと思います。

 香港のサイトでPS3関連の商品を見ていると「Mounting Clip for PS3 Move Eye Camera」というタイトルでクリップだけの写真が掲載されていて、最初何に使うものかわからなかったのですが、カメラを取り付けた画像を見て「これは買わなければ!」と思い、日本で売ってるところはないかと探したのですが見つからず、結局、香港のサイトで注文し、3週間くらいで届きました。
 ちなみに、その時の価格は$3.72でした。

  その後、AMAZONでPS3本体のスタンドを探していたところ、これと同じようなものを見つけました。
 しかも、左図のように2種類ありました。
 以前探したときは無かったのですが、販売されるようになったみたいです。

 使ってみた感想ですが、カメラをクリップに取り付けるのは、バネになっていて挟み込むのですが、テレビへの固定はバネなどの力で挟み込むのではなく、可動部がカチッカチッと動くので、丁度良いところに調整してテレビの上に置くという感じです。
 バネ式のクリップでなかったのは予想外でしたが、前側が引っかかるようになっていて、テレビと接触する部分には滑り止めのゴムが貼り付けてあるため、結構しっかり固定できます。
 なんと言ってもそのままではテレビの上に置くことすら出来ないですからね。
 本来ならソニーがこういうところまで想定し、取り付けられるようにするべきだと思うのですが・・・。
 今時、ブラウン管テレビより薄型テレビの方が多いと思うのですが・・・。
 取り付けの説明では「テレビの下か上へ設置してください」って画像で出るのに・・・。

 このカメラはケーブルが意外に太く固定しにくいので、テレビの下側に置く場合でも、クリップを伸ばして台などの縁に引っかけたりすれば、そのまま置くよりしっかり置くことが出来ます。

 結論として、プレイステーションムーブで遊ぶなら、この商品は必需品ではないでしょうか。

 余談ですが、「PlayStation(R)Eye」はPCにつなげてWEBカメラにすることも出来ます。
 Skypeで使用してみたところうまく動作しました。
 ただし、ドライバなど探してきてインストールしなければいけませんが・・・。

タグ:PS3 プレイステーション スタンド クリップ ムーブ アイ

ランキングへ  posted by 遠雷 at 23:29 | コメント(0) | PS3