2007年10月01日

マウス解像度

 今日はまず、ヤフーのカテゴリ登録の申請をしてみました。
 ここは見たことある人なら解ると思うのですが、各カテゴリに登録されているサイトの数が結構少ないです。
 同じような内容のものが他に登録されていた場合などは登録されないし、内容には厳しいらしく登録されるのは結構難しいとされています。
 
 以前、私も違うサイトを作ったときに登録の申請をしてみたのですが見事にダメでした。もうやだ〜(悲しい顔)
 今回もどうなるか解りません。
 登録されるとアクセス数がかなり変わるらしいので、登録されたらいいなぁと思います。

 次に、Googleのアドセンスにも登録の申請をしてみました。
 今までは忍者アドを貼っていたのですが、やはりGoogleがいいらしいので申請してみました。
 審査が通らなかったら忍者アドに戻します。

 次に、今日は「FAQ」のページをやりました。
 今日は具体的な質問事項を考えていたのですが、さすがに自分で作っているので、使う人が何が解らなくて困るかがイマイチ解りませんでした。
 実際よくコメントなどでもらうのが「簡単に操作出来ました」とかが多く、「何かが解らない」ということが無いので余計に難しいです。
 私も出来るだけ、使い方などを見ないでも簡単に操作出来ることを目標に作っているのでなおさらです。
 それでも、使い方などに注意事項として書いてあることなどを、きちんと説明しておこうかなぁと思っています。
 意外とこれらを考えるのが難しく、いつの間にか時間が経っていました。

 次に今日の気になる検索フレーズですが、「マウス 解像度 dpi 影響」というのがありました。
 これはマウスのカタログなどで、仕様の部分を見ると出ているのですが、実際のマウスの移動量に対して、PC側にどれだけの移動量として送るか?という数値です。
 例を挙げると、マウス解像度の数値が大きいほど少ないマウス移動量でカーソルは大きく動き、解像度が小さいとマウス移動量に対してカーソルの移動量は少なくなります。
 ここで、マウス解像度が大きい場合と小さい場合の違いについて書いてみると、解像度が大きい場合はカーソルは早く目的の場所に到達しますが、ドット単位での細かい動きが難しくなります。
 逆に解像度が小さいと、細かい動きは出来るけど移動速度が遅くなります。

 これらの設定はWindows上でもある程度は出来ますが、マウスの性能に合わせて設定出来る範囲が変わってくるので、それなりに重要です。
 ではどの程度のものを選べばいいかというと、一般的なマウスでは800dpiのものが主流のような気がします。
 ゲーム用のマウスでは解像度を高くして素早い動きが出来るようにしてあるものもあります。
 最近ではこの解像度をマウス側で変更出来るものも結構あります。

 次に、「細かい動きもしたいし大きくも動かしたい」ということがあると思います。
 そういうときは「マウスの加速度」を変更すると良いでしょう。
 この加速度は使っているマウスによっては専用のソフトから設定出来るものもありますが、出来ない場合でもWindows上で「ポインタの精度も高める」という項目をチェックすると使えるようになり、細かい加速度の設定はレジストリの値を書き換えることで変更することが出来ます。

 ここでは詳しい事は書きませんが、詳しく説明してあるサイトがあるのでそちらを参考にしてみて下さい。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 01:31 | コメント(0) | パソコン・インターネット

2007年09月30日

アドオンの裏技

 今日は旧サイトの処置をしました。
 その処置とは、内容が無いにも係わらず、未だに検索サイトから来る人が結構います。
 そこで、旧サイトは検索サイトにインデックスされないように、ロボットの巡回を制御しようというものです。

 その方法は簡単で、まず、ルートディレクトリに「robots.txt」というファイルを置き、そのファイルに必要なことを書き込むのですが、今回はすべてのロボットに対して、すべてのページをインデックスさせないようにするので、
User-agent: *
Disallow: /
とするだけでOKでした。

 しかし、それだけでは不安なので、METAタグの、
<meta name="ROBOTS" content="NOINDEX" />
も追加しました。

 旧サイトは何故か「Google」から来る人が多く、「Yahoo!」から来る人は少ないです。
 これは新サイトに移転したとき、検索結果が「Yahoo!」はすぐに新サイトに切り替わったのですが、「Google」は切り替わりませんでした。
 新サイトにGoogleのロボットは巡回してきているのですが、何故か検索しても新サイトが出てきませんでした。
 そこで今回の処置をした。という訳です。

 Google Analyticsも新サイトでは導入していなかったのですが、旧サイトのものを削除しようとしたら、登録が一つの場合は削除出来なかったので、新サイトのトップページだけに導入し、旧サイトの方を削除しました。
 その他、新サイトへ巡回するように手続きをしたりしました。
 これで旧サイトはインデックスされずに、新サイトの方へ来てくれるようになればと思います。

 次に、自サイトに「FAQ」のページを追加しようと制作に取りかかりました。ー(長音記号2)
 今は大まかにしかできていませんが、近いうちに完成し、公開出来ると思います。
 実際そんなに使い方が解らないとかメールやコメントをもらったことはないのですが、あると親切かなぁと思うのと、ここで新たな使い方や便利な使い方などを紹介出来たらなぁ、という思いもあります。

 次に、今日の気になる検索フレーズですが、「"全部閉じる" firefox アドオン タブ」というのがありました。
 ここで、「すべてのタブを閉じる」「右/左のタブを閉じる」「他のタブをすべて閉じる」「すべてのタブを再読込」など、タブに関して色々出来るアドオンがあります。
 しかも、ツールバー上に配置出来るのでかなり使い勝手もいいです。
 それは「Firefox」の公式サイトでも紹介されている、「removetabs」というものです。
 是非試してみて下さい。

 ここで、このアドオンの裏技的使い方を一つ紹介します。ぴかぴか(新しい)
 それは、メールなどからリンクをクリックすると、そのリンク先が表示されると思いますが、そのとき一々ブラウザがアクティブになり前面に出てくると思います。
 しかし、このときタブ上で右クリックをし「右/左/他のタブを閉じる」でタブを閉じると、それ以降アクティブにならず、前面にも出てこなくなり、連続してリンクをクリック出来るようになります。exclamation×2
 何故かツールバーから閉じるとダメなのですが、連続してリンクを開きたい場合などにとても便利なので試してみて下さい。
 ひょっとしたら環境によって出来ないかもしれませんが、そのときはご容赦下さい。gomen01.gif
ランキングへ  posted by 遠雷 at 01:10 | コメント(0) | パソコン・インターネット