2007年09月23日

CenturyCDについて

 今日も特に何もしてません。exclamation

 それはともかく、以前ここのブログにコメントしてくれた方から、未だに何の連絡もありません。
 もう少し詳しく状況が聞きたかったのですが、ここを見に来てくれてないようです。
 実際どういう状況でそういう現象になるのかを教えてもらわないと、こちらも対処のしようがないので困ってしまいます。
 本当に不具合があるのなら修正しなければならないし、ただの操作ミスや勘違いならきちんと使ってもらいたいですからねぇ。
 もしこれを見てくれたらもう一度連絡をください。

 次に、昨日から勝手に始めた検索ワードについてですが、今日は「線記号変形アルファベットの連番」というのを見かけました。
 私には何のことだかさっぱり解りません。
 そこで今日は「CenturyCD」について書きたいと思います。

 「CenturyCD」とは以前というか、このブログを書き始めた初期の頃、「私の使っている良アイテム」として紹介したもので、あれから定期的にこの検索ワードで来る人がいました。
 「商品を買う前に評判を調べてみよう」という事なのでしょうねぇ。
 そこで、この商品について書くと、ディスクを整理するのにはすごくいいと思います。
 PCとUSBで接続し、Windows上でソフトと連動してディスクを取り出せたりできます。

 見知らぬディスクをPCのドライブに入れると、「リストに取り込みますか?」とか出てきたりもします。
 各ディスクにパスワードを掛け、ディスクを取り出すときにパスワードを入力しないと取り出せなくすることも可能です。
 ディスクを取り出すときに、目的や人物名などを入力出来るので、無いディスクはどういう経緯で無いのかが一目瞭然です。
 例えば、「AAA」のディスクはBさんが取り出した。とか、「BBB」のディスクはCさんに貸している。とか管理がしやすいです。

 次に欠点を挙げていきます。
 まず、作動音が結構大きいです。
 ディスクは放射状に配置され、モーターで目的のディスクのところまで回転するのですが、そのときのモーター音が結構大きいのです。
 正確にはモーター音ではなく、ターンテーブルが回るときのギアの音?です。
 何か「ゴリゴリゴリ」という感じの音がします。
 だからといって、ギア部分にグリスを塗ると大変なことになります。
 グリスが飛び散り、ディスクへ付いてしまいます。(私が経験済みです。本当に悲惨なことになるので余計なことはしないようにしましょう。)
 これは、PCの起動時と終了時にも回転し、結構うるさいです。
 たまに目的のディスクを探すのに、何故か何周もすることがあり「早く止まれよ」と思うこともあります。

 次に、意外と置くスペースを取ります。
 これは、ディスクが放射線状に配置され、本体が円形になっている為で、ディスク2枚分の幅 + 外枠 + 中心の回転部分の直径になります。
 ただ、同じものを上へ配線無しで積み重ねられ、電源やUSBのケーブルは一本で済むのでこの辺はいいです。
 私は2台を積み重ねています。
 あと、ディスクを出し入れする部分の前は開けておかなければならないので注意が必要です。
 それでも、出し入れ口は可倒式になっているので普段は邪魔になりませんが。

 次に、ディスクの取り出しにパスワードが掛けられると書きましたが、結局本体をばらせば簡単に取り出すことは出来ます。
 しかも、ばらすのは大して難しくありません。
 私も興味本位でばらしてみましたが、簡単にばらすことが出来ました。

 しかし、そこには悲劇が待っていました。
 何とすべて埋まっていたディスクが飛び出してしまい、インデックス番号とディスクが一致しなくなったのです。
 しかたなく一枚一枚インデックスし直しました・・・。_| ̄|〇
 ばらすときはきちんとディスクをすべて出してからにしましょう。

 と、こんな感じですが、トータルで言うと、多くのディスクを管理したい方にはおすすめです。
 整理の苦手な人にもおすすめです。
 「あのディスクはどこに行った?」ということが無くなりますよ。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:57 | コメント(0) | パソコン・インターネット

2007年09月22日

何か変?

 まず最初に、やっとベクターの「ファイル名変更君」が更新グッド(上向き矢印)されました。
 今回は申請してから更新されるまで結構長かったです。

 次に、今日もガラクタ達をまとめるソフトを作成してました。

 しかし、同じようにまとめられるソフトは3つくらいしかないことに気付きました。ひらめき
 他のソフトは基本的にウインドウを持たなかったり、通知領域に常駐するものや、画面外にウインドウが隠れるものなどのため、大してまとめられませんでした。
 「そんなのやる前に気付けよ」と言われそうですが、まぁ、こんなのはいつものことです。あせあせ(飛び散る汗)

 そこで、ウインドウサイズを変更出来るようにしたのですが、大きさを変更しても意味がないソフトに関しては、そのまま配置を変えず、中央に表示するようにしたのですが、これがタイトルの通り何か変で滑稽に見えます。
 ここでその画像を貼っておきます。

junk.png

 次に、私のサイトやブログに検索サイトから来るかたで、検索ワードを見てみると、その事について答えてあげられるのになぁ、と思うことが多々あります。
 そこで、これからその日の検索ワードで気になったものについて、答えられる範囲で書いていこうかなぁと思います。
 来た後だから遅いかもしれませんが、今後の為にということで・・・。

 早速、今日の気になる検索フレーズは、「[Goo] 繝輔ぃ繧、繝ォ蜷阪r縺セ縺ィ繧√※螟画峩」ではなく、(文字化けしてますねぇ)「[Google] IE6 IE7 プリインストール 戻す」にしようと思います。

 この方はWindows XPでIE6.0なのですが、別のPCについての事なんでしょうか?
 それともIE7.0にしたいのでしょうか?
 これは恐らくWindows Vistaについてなのでしょう。
 なので、Vistaということを前提に書いていきます。

 残念ながらVistaではIE7はアンインストールすることが出来ず、また、IE6もVistaに対応していません。
 なので、IE7を使わざるをえない状況です。
 回避策として、違うブラウザを使うしかなさそうです。
 以前ここでも書きましたが、色々有るので自分にあったものを探してみて下さい。
 ただし、Windows UpdateなどはどうしてもIEを使わなければならないようなので、そのときは我慢して使って下さい。

 と、こんな感じです。
 少しでも役に立てば幸いと思います。



続きを読む?
ランキングへ  posted by 遠雷 at 01:11 | コメント(0) | パソコン・インターネット