2007年04月11日

予想外

 今日は、ファイル名変更君をバージョンアップしました。
 ベクターの更新は明日だと思っていたので、予想外でした。
 おかげで何の準備もしてなくて少し焦りました。
 Unicode版を公開する予定で何の準備もしてなくて、慌ててWEBページを作ったり、ソフトを作ったり何か忙しかったです。

 次にExif読取り君ですが、ベクターに更新メールを送ったのですが、早速バグが見つかってしまいました。
 まだ、正式公開してないのに、公開と同時に修正版の公開になりそうです。
 そのバグとは、日時が0000:00:00 00:00:00になっているとき、編集しようとするとエラーになるというものです。
 このバグには気付いていて、後で直そうと思っていてすっかり忘れていました。orz

 今日ユーザー様からコメントを頂き、Wi-Fiを使ってGPS情報を取得できることを知りました。
 この技術のAPI(プログラムに組み込むための情報?関数?)も公開されているらしく、これを使って、Exif情報が書き込めたら良いなーと思ったけど、今の私の技量では難しいような気がしました。
 なので、とりあえず、手動でGPS情報を書き込めるようにしたいと思いました。
 実現するするのはいつになるか解らないですが、時間が取れればやってみたいと思います。

ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:48 | コメント(0) | パソコン・インターネット

2007年04月10日

今は無き良アイテム

 今日はまず、Exif読取り君 Version 1.10ですが、ベクターへ差し替えメールを出しました。
 ソフト自体は出来ていたので、ヘルプファイルを修正して完成でした。
 まだWEBページの修正はやってないですけど・・・。
 正式公開は、13日位になりそうです。

 次に、タイトル通り以前にも書いた、使ってみて良かったアイテムについて書きます。
 今回は、YAMAHA製 CRW-F1 CD-R/RWドライブです。
 今は、スーパーマルチドライブが当たり前になり、BD/HDドライブも出ている時代ですが、
このドライブと同じ機能持ったものは、未だに出現していません。
 その機能とは、CD-Rの記録面に描画出来る。というものです。
 今は、ラベル面にドライブで描画出来るものはありますが、専用のディスクを使わないと駄目だし、プリンターでも当たり前のようにラベル印刷出来る時代に、あまり有効な機能とは思えません。
 この記録面に印刷出来る機能も、ディスクによって描画濃度が変わり見にくかったり、データを記録していない余白にしか出来なかったり不便な面もありましたが、人に見せると驚かれ、今でもすごい技術だと思います。
 何故こんな技術が今採用されていないかというと、当時作っていたメーカーが「YAMAHA」で、この機種を作ってすぐ位に、この業界から撤退してしまったからです。
 当時の売り上げはずっと一位をキープしていたのですが、生産打ち切りになって品切れになり中々手に入りにくかったです。
 今オークションを検索してみたところ、結構高値で取引されているみたいですねー。
 未使用となると、2万円近くになっています。
 現在、スーパーマルチドライブが5,000円程度で買える事を思うと、CDしか扱えないのにこの値段はとても高いですねー。
 という訳で、YAMAHAの公式ページから拾ってきた、作成したディスクの画像を貼っておきます。
Start_page

ランキングへ  posted by 遠雷 at 01:07 | コメント(0) | パソコン・インターネット