2007年03月27日

スパムメール対策

 今日はタイトル通り、スパムメール対策について書きたいと思います。
 最近は異常にスパムメールが多く、特に休日はほとんどスパムメールという状態です。
 しかも、何故か一般に公開しているメールアドレスより、プライベートで使っているメールアドレスの方が多いという不思議な現象が起こっています。
 今使っているメールソフトは、ある程度対策できるのですが、イマイチ納得いく動作をしません。
 メールソフトを良いものにすれば、かなり状況は良くなるのでしょうが、そこは自分でプログラムが書けると言う事で、自分専用に作ってやろうじゃないか思い立ちました。
 メールを削除したりするので、問題が起こっても大変なので、一般公開はやめておこうかなと思っています。
 何年か前にメールが届くと合図をするメールチェックプログラムを作成した事があるので、ある程度までは出来ると思います。
 現在構想しているのは、通知領域に常駐し、一定時間おきに削除設定したメールを削除するというものです。
 失敗が怖いので、ログファイルに削除状況を記録しながらやっていこうと思っています。
 これで、嫌なスパムメールを一切見ずに済みそうです。

 これをやり出すと、他のソフトに手が回らなくなるかも・・・。
 他にやるべき事は沢山あるのですが、一度やり出すと止まらない性格なので。

ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:32 | コメント(0) | パソコン・インターネット

2007年03月26日

コンパイル済みヘルプファイル

 今日は、昨日少し書いた、コンパイル済みヘルプファイルの振る舞いについて書こうと思います。
 コンパイル済みヘルプファイルとは、HTMLファイルをリンク先の画像などと一緒にまとめて一つのファイルにして圧縮したものです。
 その為ファイルサイズが小さく、ファイルの数も一つになるので、ソフトのヘルプファイルなどによく使われます。
 私のソフトでは、「解像度変更君」「見比べ君2」「Exif読取り君」に付属しています。

 このファイルの作成方法は、Visual Studio 2005(以下VS)ならプロジェクトを作成するときに、ヘルプファイルも作成するようにすれば、VS上で作成できるのですが、最初に設定しなかった場合は自分ですべて作成するようになります。
 そのとき、マイクロソフト製のHTML Help Workshopというソフトで作るのですが、このソフトは英語版しかなく、使い勝手も悪いので、GUI上で必要なファイルを作成し、ヘルプファイルまで作成してくれるソフトを使います。
 そのとき何故かそのソフトで作成したヘルプファイルは、自作のソフト上からは開く事が出来ません。

 そこで、今までは無理矢理SHELLを使い開いていたのですが、このままでは手間がかかるし面白くないので、何故開く事が出来ないのか調べてみました。
 しかし、色々探してもどこにも詳しい情報が無く、解らないままでした。
 そこで自力で、起動できるファイルと比較しながら調べてみる事にしました。

 その結果、HHPファイル内でMAPファイルの指定と、ALIASの指定が必要な事が解りました。
 しかし、結局最終的には自分でHHPファィルを書き換えて、
HTML Help Workshopで作成しなければならなくなりますが、それでもヘルプファイルがきちんと起動できるようになるので良しとしましょう。
 実際、そのままのファィルでもきちんと起動させる方法は有るのですが、MFCのコーティングをそのまま使い、何もしないでキーボードの[F1]キーから起動出来ない、ということを前提に書いてみました。

 次に、以前から完成していてヘルプファイルが出来ていなかった「データ管理君U」を、とりあえずヘルプファイル無しで公開しようと思います。
 WEBページの使い方も完成していないですが、使ってみたい方はどうぞ。
 このソフトも昨日同様、このブログを見ている方だけへの公開です。

ランキングへ  posted by 遠雷 at 01:01 | コメント(0) | パソコン・インターネット