2008年03月01日

GUIについて

 今日は新作ソフトの作成を少しやりました。

 今日は少しソフトのGUIについて書いてみたいと思います。
 GUIとは「Graphical User Interface」の略で、ユーザーが視覚的に操作できるようにしたもののことで、この他にキーボードを使い、文字だけで操作するCUI(Character-based User Interface)とかもあります。

 これは、専門的に勉強した人なら当たり前のことなのかもしれませんが、私のように独学でプログラミングをやっている人間にとっては、いろいろ解らないことが多く、今日も初めて知ったことがあったので、ここで書いてみようかな、と思った訳です。

 まず、メニュー項目やダイアログなどのコントロールの各項目名の後ろに「(A)(アンダーバー付き)」みたいなのがあるのはご存じでしょうか?これはキーボードからも操作できるようにショートカットキーが設定されている、ということです。
 常にマウスで操作する人は気にならないかもしれませんが、うまく使うと使い勝手が良くなることがあります。
 恥ずかしながら私がこの存在に気付いたのは比較的最近で、その証拠に初期の頃に作成したソフトには、デフォルトで入るところ(メニュー項目など)には入っていますが、基本的に自分で追加した場所などには入っていません。

 この存在に気付いてから入れるようにしたのですが、未だに中途半端にしか入ってないものも結構あります。
 今後はすべて入れていくように心がけていこうと思います。

 次に、これは今日知った事実なのですが、メニュー項目やボタンなどで、それを選択することによってダイアログや別ウインドウが表示される項目名の後ろには「...」を入れるのが一般的だそうです。
 言われてみていろいろ確かめてみると、確かにほとんどのソフトではこの通りになってました。
 私のソフトを見てもらえれば解ると思いますが、これまた恥ずかしい話ですが、今までまったく知りませんでした。_| ̄|〇
 さらに、ボタンなどを押してメニューが表示される場合も「▼」を入れた方がいいみたいです。

 ちなみに、昨日の記事にコメントが付いたのですが、この件も私のGUIが解りにくいから、こんなコメントが付いたのかな?と思ったりもしました。
 確かに言われなければ、あんなところからメニューが表示されるとは思わないですもんね・・・。

 という訳で、これらのこと踏まえ、今日は少しスキルアップ?したので、今後はこれらに気を付けながら改良したり、作成したりしていこうと思います。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:47 | コメント(0) | パソコン・インターネット

2008年02月18日

ハード的故障?

 今日はWindowsのクリーンインストールをしようと思ったのですが、セットアップの時、インストール先のディスクが認識されず、先に進めなかったので止めました。
 原因が解らないのですが、セットアップの最初に「F6」を押してICH7RのRAID用ドライバを読み込ませようとするのですが、何故かICH8Rしか選択できなくて、試しにそれを選択して先に進むと、当然「インストールできるディスクがない」と出てダメでした。
 もちろんICH7Rのドライバは用意してあり、以前もこれで問題なかったのでこれが原因ではなさそうです。

 何かハード的な問題なんですかね?でも、普段は普通にWindowsを起動させられるので、完全な故障ではなさそうです。
 ディスクドライブが悪い?今までメインで使っていたドライブは最近調子が悪く、読み込みが異常に遅くなりました。
 なので、今回はもう一つのドライブでインストールさせようとしたのですが、それでもダメでした。

 インストールディスクは、自分でspを統合させたりした改良ディスクなので、これがダメなのかと思いオリジナルでも試しましたがそれでもダメでした。
 何だかんだでずいぶん時間がかかり、疲れたので今日はこれで終わりにし、Visual Studio 2008をインストールしてみました。
 早速それで新しいプロジェクトを作成し少しだけですか試してみました。

 使ってみた感想は、今までのものに比べ比較的さくさく動作するようになった気がします。
 プロパティを見るにしてもすぐ表示されるし、コンパイルも速いような気がします。
 クラスの追加やメンバ変数の追加なども速くなっているような気がします。
 というより、VC 6.0のときに近づいたというべきですかね?そもそも2005になって異常に動作が遅くなった、って印象でしたからね。
 2005では変数の追加などでずいぶん待たされ、その挙句エラーで追加できない、なんてことはしょっちゅうでしたからね。

 総合的に見て、ある程度は良くなっているのではないかと思います。
 まだほとんど使っていないですが、ちょっと使っただけである程度の改良がみられましたからね。
 あながち高い買い物でもなかったかもしれないです。

 次に、ATOK用の広辞苑について今日気が付いたのですが、鳥の名前で説明を見るとなんと鳴き声まで聞ける事に気が付きました!
 例えば、「うぐいす」とか「ふくろう」とかです。
 他の動物でも鳴き声が聞けるのかと思ったのですが、他はダメでした。
 「ぞう」とか「おおかみ」とか「あぶらぜみ」とかあればもっと良かったかも?
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:48 | コメント(0) | パソコン・インターネット