2007年11月25日

Amazonアソシエイト

 今日も新サイト制作をしました。

 昨日Amazonアソシエイトの申請をしたのですが、早速今日OKのメールが来ました。
 そこで現在のサイトに貼ってみました。

 Amazonはアドセンスと違って、広告を貼り付けるサイトを一つ一つ申請しなければいけないみたいです。
 一方、楽天はサイトなど何も申請しなくていいみたいです。
 この違いはどこからくるんですかねぇ?
 ちなみにアドセンスは一度申請して審査を通過すればどこに貼ってもいいみたいです。

 次に、旧サイトへのアクセスが未だにそこそこあるので、インデックスを禁止せずに、入り口の一つにすることにしました。
 これがスパム行為ととられなければいいのですが・・・。

 そういえば以前、「アスキー・ドットPC 2008年1月号(11月24日発売予定)  特集1「XPを再強化する無料ソフト100」(仮題)」に、「ファイル名変更君」を掲載させてくれとメールが来たのを思い出しました。
 ここは見本誌を送ってくれないみたいなので見てないですが、今日発売だったみたいなので見る機会があったら見てみて下さい。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:48 | コメント(0) | パソコン・インターネット

2007年11月24日

リダイレクト?エイリアス?

 今日も新サイト制作をしていたのですが、サイトについて色々調べていると、解らないことが沢山出てきて訳が解らなくなりました。ふらふら

 まず、昨日書いたドメインについてですが、結局新しいものを取得しました。
 このドメインの扱いについても、最初よく解らなくて色々調べたり、実際に試してみたりしてなんとか理解しました。
 このドメインについて少し書くと、リダイレクトとエイリアスという方式があり、今借りているところはリダイレクトしか選択できないのですが、二つの違いは何なのか調べてみると、リダイレクトはその名の通り、取得したドメインにアクセスがあると、指定したURLへ転送する、というものでした。

 一方エイリアスとは、リダイレクトと同じように指定した場所へ転送されるのですが、表示上は転送された形跡が出てこない、ということです。
 もう少し解りやすく書くと、リダイレクトは転送された後、転送先のURLに変わりますが、エイリアスは転送されてもアクセスしたURLがそのまま表示される、ということです。

 結局どっちがいいのか?というと、エイリアスなら深い階層にあるファイルに短いURLでアクセスできるようになり、URLを削っても他のサイトが出てこない、ということになり、見た目上はまったく別のサイトとして運営することが出来るようになるわけです。
 一方リダイレクトは、アクセスするときはいいけど、転送された後、長いURLになり、うまく設定しないと別のサイトが表示される、ということです。
 ここで、別のサイトといっても自分で作った別のサイト、ということです。

 次に、Google-Analyticsに新サイトの登録をしようとしたら、何故かサイトの確認が取れないとか出て、登録できなかったです。バッド(下向き矢印)
 ドメイン取得の説明で、「インターネットに行き渡るには2日くらいかかることがあります」と書かれていたので、これなのかなぁ、と思ったりしたのですが、自分でアクセスするときちんと表示されます。
 「まぁ、またしばらくして試してみればいいかー(長音記号2)」ということに今日は終わりにしました。

 しかし、何か色々試したり、考えたりしていたらすぐに時間がたってしまい、結局大して進まなかったです。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:47 | コメント(0) | パソコン・インターネット