2007年03月11日

作成裏話

 今日はソフトについての、ここだけの裏話を書きます。

 まず見比べ君2ですが、実は画面の色ビットを16ビットにすると画像の色がきれいに描画されません。
 これは最近になって気づいたのですが、普段ずっと32ビットで使っていたので気づかなかったです。
 この理由は画像を描画するときに、画面と互換のある16ビットで描画先を作り、そこに16ビットに減色して描画するのですが、その減色処理が良くないため変になってしまいます。
 ここをうまくやれば、ある程度はきれいになるのですが面倒臭いのでやっていません。
 これも、他人が作ったプラグインなり、DLLなりを使えば良いのですが、ユーザーに用意させるのも申し訳ないのでやっていません。

 次にmp3再生君ですが、MP3の再生には自前で展開して再生しているのではなく、動画用のコーデックを使って再生しています。
 その為MP3のコーデックが入ってないと再生できません。
 ここで裏技ですが、コーデックの入っている動画ファイルをmp3再生君のアイコンにD&Dすると、ムービーモードになり動画の再生ができます。
 画面のサイズ変更がうまくできないけど、おまけの機能なのでこれ以上何も求めないでください。

 今日は見比べ君2 Version 1.10を完成させる予定だったのですが、色々機能を追加したりして結局完成しなかったです。
 まだまだ追加したい機能があるのですが、きりがないのでここらで一旦終了して、また次のバージョンで新機能を追加しようと思います。

ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:38 | コメント(0) | 日記・コラム・つぶやき

2007年03月09日

ひとやすみ

 今日はソフトの話は一休みして、個人的に最近気に入っているものについて書きたいと思います。

 まず最初に「ATOK 2007」です。
 今までずっとWindows標準のMS-IMEを使っていて、一度ATOKは入れた事があるのですが、使い方に馴染めずにすぐにアンインストールしてしまいました。
 今回の「ATOK 2007」は評判が良かったのと、「MS-IME 2007」がひどかったので入れて使ってみました。
 使ってみると、変換候補が出てくるし、文法の間違いも指摘してくれるのですごくいい感じです。
 例えば、「あれのこれの下の」と入れると、「「の」の連続」と出るし、「見れる」と入れると、「ら抜き表現」と出たり、とにかく文章を多く書く人には最適かもしれません。
特に私みたいに文章が得意じゃない人には重宝するかもしれません。
 漢字の候補で迷ったときも、辞書から実例付きで表示されるので解りやすいです。

 次にディスク整理に便利なCenturyCDです。
 これは、DVD・CDを100枚格納できる収納グッズなのですが、USBで接続してPCで管理でき、PC上から欲しいディスクが取り出せるという品です。
 しかも5台まで上に積み重ねて一気に管理できるという優れものです。
 しかし、残念な事に製造・販売終了になってしまいました。
 でも、後継機としてCenturionCDというのが発売されています。
 ディスクが多くて困っているという人にはお勧めです。

 アフイリエイトですが、今日書いたATOKのリンクを張っておきます。

ATOK 2007 for Windows [プレミアム] ATOK 2007 for Windows [プレミアム]

販売元:ジャストシステム
発売日:2007/02/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:12 | コメント(0) | 日記・コラム・つぶやき