2009年01月03日

スプラッシュウインドウ

 今日も何もやらないつもりが、ちょっと気になって少しだけやりました。

 今、気になっている一つに起動の遅さがあるのですが、それを紛らわす?ために起動時にスプラッシュウインドウを表示させようと考えました。
 ここで、スプラッシュウインドウとは、ソフト起動時にメインウインドウが表示される前に、メーカーのロゴやソフト名、バージョンなどが表示されるもので、ほとんどの正体は、タイトルバーやウインドウ枠のないウインドウに画像が貼り付けてあるものです。

 ということで、スプラッシュウインドウを表示させるためのサンプルを探してみると、Codeguruにいろいろあったので一通り試してみました。
 その中には、上から下へ表示されるものや、アルファブレンドを使って立体的に見えるものなど、結構凝ったものが多くあったのですが、必要以上に時間がかかったり、用意する画像が面倒臭かったりしたので、結局、じわっと表示されるものタイプのものにしました。

 今日はとりあえずここまでしかやらず、肝心の画像などはまだ用意していません。
 今後、これらをやっていき、問題なければ採用しようと思っています。

 以上のような感じで、もうしばらくゆっくりしようと思います。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:48 | コメント(0) | MFC

2008年12月17日

レジストリ使用

 今日は、昨日書いた現在悩んでいることについての調査?をしてみました。

 まず、ファイルサイズについてなのですが、以前ここに書いたように、リソースのPNG画像がかなりの容量を占めていて、その画像のほとんどがOffoce 2007スタイル関係のものになっているので、これをなんとかすれば、と考えました。
 そこで、インクルードされるリソースファイル内を見てみると、「#ifndef _AFX_INTL_RESOURCES」で囲まれたところに、これらの画像を含めるように記述されているので、自アプリ内で「#define _AFX_INTL_RESOURCES」とすると、ファイルサイズは800kbほど小さくなりました。

 しかし、必要な画像やダイアログまで排除され、特定の操作をするとエラーが表示されるようになりました。
 そこで、直接リソースファイル内にオリジナルの排除コードを書きコンパイルすると、今度はきちんとファイルサイズも小さくなり、必要な画像が排除されることもなく、きちんと動作するようになりました。

 といっても、前述のやり方が通用するのは、当然ながらOffice 2007スタイルを使わないことが前提になるのですが、いろいろ変更できる外観の中でこれらがなかなか良いので、排除したくないんですよね。ε-(ーдー)ハァ
 ということで、ファイルサイズを小さくする、というのは無理でした。orz

 次に、レジストリを使用する件について調べてみると、一応マイクロソフトのサイトに使わないように出来る、みたいな記述はあったのですが、いざその方法を試してみると、大半は使わないように出来たのですが、一部はやっぱりレジストリを使ってしまうのです。
 それについては現在も調査中なのですが、どうも今の段階では完全には無理っぽいです。orz
 どっちかというと、これらの仕様はバグっぽいので、今後修正されないかな?と期待しつつ待ってみるというのも手かも?
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:52 | コメント(0) | MFC