2011年11月07日

アイネックス クリップ付 360度回転ファン 40mm CB-4010M

 今日は左図の「アイネックス クリップ付 360度回転ファン 40mm CB-4010M」を購入し、使ってみた感想を書きたいと思います。

 今回購入を決めたきっかけは、ビデオカードが壊れたのかファンが壊れたのかわかりませんが、ビデオカード付属のファンが常に全開で回るようになり、うるさくなったからです。
 最初はビデオカードを買い換えようかと思ったのですが、特にゲームをする訳でもなく、ビデオカード自体は現状で満足しているので「何とかならないか?」と考えた結果、ファンを別のものにしようということになりました。
 とその前に、ファンレスがあるのだからファンレスで使えないか?と思い試したところ、アイドリング状態でも60℃くらいになったのでさすがにやばいと思い、「Catalyst Control Center」でGPUクロックとメモリクロックを6割くらいまで落としてやると、なんとか50℃弱くらいまで落とすことが出来ました。
 しかし、それでも負荷がかかると温度が高くなりそうなので、今度は持っているファンを引っ張り出し、ケースの丁度ビデオカードの横あたりに空気取り込み用の穴が開いているので、そこへ取り付けてみました。
 その結果、約40℃くらいまで下がったのですが、使ったファンが結構うるさいものだったので、それなら静かなやつを買えばビデオカードを買い換えるより安く済むということで、今回の購入に至った訳です。
 ちなみに、付属のファン全開の時はアイドリング状態で室温25℃のとき、マザーボード38℃、GPU温度30℃でした。

 購入については、最初普通の10cmくらいの静音ファンを買い、ケース横に取り付ける予定だったのですが、いろいろ見ているとこのクリップ付のファンを見つけ、レビューを見てみると音も静かで結構冷える、ということだったのでこれに決めました。

clip_fan.jpg 取り付けて使ってみた結果ですが、左図のようにヒートシンクへクリップで取り付け、GPUクロックなどはデフォルトに戻し、アイドリング状態で室温25℃のとき、マザーボード38℃、GPU温度40℃前後で安定しています。
 音は本当に静かで、全然気にならないレベルです。

 最後にこのファンの仕様について、取り付け端子はパルスセンサー付3pinコネクタで、私はマザーボードへ取り付け、Windows上から回転数をモニタリングしています。
 ファンの部分は360℃回転しますが、クリップは位置固定でした。
 本来、メモリーやチップセットのヒートシンクなどに取り付けるようになっているみたいで、挟める厚さが基板程度でした。
 ヒートシンクによってはうまく幅が合わないものも有るかも知れません。
 私の場合はヒートシンクのフィンを2枚挟むと丁度良かったです。

 実は今回、同時にPWM仕様のCPUファンも購入したのですが、それについてはまた後日書きたいと思います。

タグ:ファン アイネックス クリップ付 CB-4010M 40mm AINEX

ランキングへ  posted by 遠雷 at 23:04 | コメント(0) | PCパーツ

2011年09月12日

SANWA SUPPLY TOK-MU3BK リストレスト

 昨日書いたキーボードと一緒にタイトルのリストレストも購入しました。
 実際に使ってみると、キーボードの幅とほぼ同じで高さも丁度良く、リストレストの中央が横向きに少し凹んでいて、手首を置いたときぴったり収まるようになっています。
 中の材質が低反発ウレタンフォームになっているので、手首を置いていると軽く沈み込み、手首にフィットしてきます。
 今までキーボードにリストレストが付いているタイプのものを使ってきていて、今回はキーボード優先で選んだためリストレストは別売りのものを選びました。
 キーボード付属のものに比べてこれは柔らかく、自由に置く位置を変えられるので、手の大きさに合わせることが容易ですし、キーボードを変えても使い回すことが出来ます。
 このタイプのリストレストはマウス用も使っていて、使い心地が良いのはわかっていたので迷いは無かったです。
 欠点としては、使っているとどうしても汚れてくるので、それなりに手入れはしなければいけないところです。
 しかし、キーボード付属と違って簡単に外せるので、そのまま丸洗いすることも出来ます。

 この他に内部がポリウレタン・シリコンのものや、表面が革製のものなどがあります。
 シリコン製のものは以前使ったことがあるのですが、硬いというか優しさが足りないというか、ちょっと私には合わなかったです。
 店舗などでは実際に触ることが出来ますが、触ってみるのと実際に使ってみるのとではやはり違いがあるので、どちらが合うかは使ってみないとわからないと思います。
 表面が革製のものは、以前使っていたマイクロソフト製のキーボードに付いていて、汚れにくく手入れがしやすかったり触り心地も良かったです。
 ただ、価格が少し高くなるので悩みどころですが、恐らく長持ちするのは革製の方だと思います。
 この辺も、好みの感触を選ぶというのが大事かも知れませんね。

 今回購入したキーボードとリストレストの組み合わせは最高で、とにかく使っていて楽しくなるような商品でした。

タグ:キーボード SANWA SUPPLY TOK-MU3BK リストレスト

ランキングへ  posted by 遠雷 at 22:57 | コメント(0) | PCパーツ