2009年10月10日

EPSON Type-NH P4-1.8 DVDコンボ

 今日は、先日購入した中古のノートパソコンについて書きたいと思います。

 今回購入したのはノートパソコンで、購入したところの表示によると「EPSON Type-NH P4-1.8 DVDコンボ」で、スペックは以下の通りで、価格は17,640円でした。
  • CPU Pentium4プロセッサ1.8GHz
  • メモリ PC2100 DDR SDRAM 128MB
  • HDD 30GB
  • 内蔵FDD 1.44MB/720KB
  • 内蔵DVDコンボドライブ DVD読込可、CD書込可、読込可
  • ディスプレー 15インチ(XGA)TFTカラー液晶
  • VRAM ATI Mobility Radeon M7 64MB
  • サウンド 16Bitステレオ音源
  • LAN 10/100BASE-TX
  • USB 2ポート(USB2.0)→注意: 間違い 正解は(USB1.1)
  • PCカードスロット 2スロット(CardBus対応)
  • OS Windows 2000
 この機種にした理由は、始めからHDDを換装し、メモリも載せ換えor増設するつもりだったのでその辺のスペックは無視し、ディスプレイの大きさ、CPUの性能、USB2.0対応(追加情報参照→ノートパソコンのUSB端子が)にこだわりました。
 ノート用のCPUを換装するのは難しいので、始めからそれなりのものを選ぶつもりだったので、この辺の価格帯だとほとんどがCeleronかPentium3だった中で唯一これがPentium4でした。
 その他はPentium4でもディスプレイが小さかったり、USB2.0対応ではなかったり、DVD関係がまったく使えなかったりするものばかりでした。

 購入は金曜日の夜に注文し、日曜日の午前中には届きました。
 届いたものを見た印象は、「思っていた以上に綺麗」でした。
 中古という事もあり、外観などはそれなりに劣化しているのかと思っていたのですが、前のオーナーが丁寧に使っていたのか、かなり綺麗だったのでちょっと得した気分でした。

 次に性能面についてですが、まずバッテリーは、「中古なので使えないと思って、ACアダプタ使用を前提にして下さい」と注意書きされていたのでまったく期待していなかったのですが、あまり劣化していなくてそれなりに使える物が搭載されていました。
 次にCPUですが、ただのPentium4だと思っていたら、mobile Pentium 4-Mというノートパソコン用の省電力モデルでした。
 さらに、メモリは128MBのはずが256MB搭載されていてちょっとラッキーでした。
 その他に、ディスプレイはドット抜けも見あたらず、劣化もほとんど見受けられず、コンボドライブもきちんと動作し、FDD、タッチパッド、スピーカーもきちんと動作しました。

 以上のように、当り?を引いたのか、思っていた以上にいい買い物だったような気がします。
 ということで、動作に問題が無かったので、早速分解を・・・、この様子は時間に余裕ができればWEBで公開したいと思います。

 あと、OSは元々2000が入っていたのですがXPに入れ替えました。
 XP用のドライバなどはEPSONのサイトからすべてダウンロードできました。
 しかし、やはりXPで使うにはメモリ256MBはきつい・・・、何もして無くても常に200MB位使ってますからね。
 VisualStudioのインストールやアップデートをするのにすごく時間がかかりました。(>_<)
 メモリは512MBが2,000円程度であるので増設する予定です。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:52 | コメント(0) | PCパーツ

2009年09月07日

ガチャポンパッ!でお引越し(OWL-EADP/EU)の接続について

 今日は、先日レビューした「OWLTECH ガチャポンパッ!でお引越し OWL-EADP EU」について、しばらく使ってみて気付いたことなどを書いていきます。

  ハードディスクをPCへ接続する場合、PC側のUSB/eSTAケーブル端子は外しておき、ガチャポンパッ!でハードディスクの電源を入れてスピンアップさせ、回転が安定してからPCへUSB/eSTAケーブルを差すとトラブルもなく接続できるようです。

 私が実際に経験した事なのですが、上記の方法をやらず、ケーブルを差したままハードディスクの電源を入れると、PCで作業中だったファイルの保存に遅延書き込みエラーが大量に出て大変な事になりました。(T-T)
 PC上で何も作業していなければ、しばらくフリーズ状態になり、その後ハードディスクは認識されるのですが、やはり、前述の通りやった方がいいと思います。

 検索で「認識しない」というのをよく見かけますが、恐らく手順が間違っているのではないかと思います。
 そこで、一度前述の方法を試してみて下さい。

 ちなみに、DVD/BDドライブでは、今のところ前述の方法でやらなくても何もトラブルはおこっていませんが、やはり安全のため同様の手順で接続した方が良さそうです。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:45 | コメント(0) | PCパーツ