2009年04月24日

写ったー!

 今日は、昨日写らなかったと書いた地デジチューナーについてなのですが、タイトルの通り写りました!
 どうやったかは、まず、冷静に電波について考えてみると、ブースターを交換すれば写るようになるということは、家まではきちんと電波が来ているということになる、ということは、直接そこからつなげば写るのではないか?ということで、屋根裏を覗き、ブースターを介さずに直接つながるように配線をし直しました。
 その時、ブースターの仕様を見てみると、やはり、地デジで使われている周波数は対象になっていませんでした。

 配線を終え、早速チャンネル設定をしてみると、やはり「チャンネルが見つかりませんでした」と表示されました。
 ということは、電波も来ていないか?と思いながら、ふと、今まで使っていた地アナ用のチューナが何か邪魔をしているのでは?と思い、それを外してもう一度チャンネル設定をしてみると、ここでようやくチャンネルが見つかり、初期設定が完了しました!!!

 結局、チャンネルが見つからず初期設定すら完了できなかったのは、今まで使っていた地アナ用のチューナが原因でした。
 このチューナーは、今回のものと同様にIO-DATA製のものだったので、どこかで干渉していたのでしょうね。
 同様の現象に悩んでいる方は、一度試してみて下さい。

 その後、配線についても元の状態に戻し、もう一度チャンネル設定をすると、今度もきちんとチャンネルすべてを認識し、信号レベルも「良好」でした。

 次に、ようやくテレビが見られるようになり、早速いろいろ試してみたのですが、まず、今までのものに比べて設定項目がすごく少ないです。
 今までは、ノイズリダクションがどうたらとか、3Dなんちゃらがどうたらと、いろいろ設定する部分があったのですが、今回のものは色合いやコントラストなどの設定くらいしかありません。
 まぁ、それだけ地デジの画像が良いということなんでしょうね。

 肝心の使ってみた感想ですが、まず、起動して番組が表示されるまでが結構長いです。
 具体的には、アイコンをダブルクリックしてから10秒くらいかかります。
 チャンネル切り替えも3秒くらいかかり、終了時も10秒くらいかかります。
 チャンネル切り替えについては購入前からわかっていて、どのメーカのものでも同様に遅いみたいなのであきらめるしかないようです。

 次に、操作系ですが、今までもIO-DATA製のTVチューナーを使っていたので、番組表やチャンネル切り替えの操作などには全く違和感が無く使えました。
 ただ、画面キャプチャや一時停止などの機能が無く、結構不便なところがあったりします。
 録画したものも制限があるし、初期化すると今まで録画したものが見られなくなるみたいです。
 これは、デジタル放送なので仕方ない部分もあるのでしょうが、ちょっと融通が利かないなと思いました。
 せめて画面キャプチャくらい出来るようにして欲しいです。

 その他には、音声が少し小さいので、聞こえるようにボリュームを調整すると、クリック音やエラー音などの音が大きくなるためちょっと煩わしかったりします。
 それ以外は画像がきれいになり、フル画面にしても荒れたりしないので、普段見ないようなニュースまで見てしまいました。(^◇^;)
 ちなみに、ニュースでは皮肉にも例の地デジ大使の件が・・・。(´・ω・`)

 次は、専用のリモコン(I-O DATA GV-MVPシリーズ用オプションリモコン GV-RCKIT3)を買うかどうか悩んでいたりします。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:58 | コメント(0) | PCパーツ

2009年04月23日

地デジチューナー

 今日は、先日注文した地デジチューナーが届いたので、その報告を書きます。
 今回購入したのは左図の「I-O DATA 地上デジタル対応TVキャプチャボード PCI Express x1 GV-MVP/HS2」で、AMAZONが比較的安かったので注文し、1日で届きました。

 まず、取り付ける前にカードに貼ってあるシールのシリアルナンバーを控え、その後本体に取り付けました。
 今までの経験から、IO-DATAの製品は、製品自体にシールでシリアルナンバーが貼られてあり、ソフトやドライバーをダウンロードしたりするときこれが必要になるので、今回も前もって控えておきました。(以前は取り付けた後に気付き、本体をばらすハメに・・・)

 取り付けは、普段から本体を簡単にばらせるように設置してあるため、5分程度ですぐ終わりました。
 その後、アイオーデータのサイトへ行き、新しいドライバやソフトがないか調べてみると、新しいものが公開されていたので早速ダウンロードしました。
 今回のダウンロードは、シリアルナンバーではなく、「必ずお読み下さい」に書いてあったダウンロードキーを使いました。(う〜ん今回は違ったorz)
 ちなみに、このファイルは320MBくらいありました。

 ダウンロードしたファイルからドライバやソフトをインストールしようとすると、ドライバは問題なくインストールできたのですが、ソフトをインストールしようとすると「最初はCD-ROMからインストールして下さい」と表示されたので、付属のCD-ROMからインストールしたのですが、その後すぐ新しいファイルからインストールすると、古いのはすぐアンインストールさせられました。(これなら別に修正版からでも良いような気が・・・)

 ようやくドライバやソフトのインストールが終わり、やっと視聴できると思い、初期設定でチャンネルを自動検索させると、なんとチャンネルがひとつも見つかりませんでした。orz
 アンテナはCATVのものを使っていて地アナの電波は来ているので、地デジの電波も来ているのだと思っていたのですが、どうやら来ていないようです。
 調べてみたところ、地デジを見るためには、ブースター交換の工事をしなければいけないみたいでした。orz

 さすがにこれではあきらめがつかないので、地デジ用のアンテナを自作して試せないものか?と思いWEB検索してみると結構情報があり、そのうちのひとつに、同軸ケーブルを改良して簡単に作れる室内用アンテナがあったのでそれを作ってみました。
 作成は本当に簡単で、10分も掛からず完成し、すぐに試してみました。
 結果は、やはりダメでした。_| ̄|〇

 以前にも書きましたが、私の家は強電波地区で視聴に問題のない地域なのですが、すぐとなりにビルがあるため電波が届かないのです。
 その為、今までケーブルテレビの電波を使いテレビを見ていたのです。

 今回の結果から、やはり地デジ用の電波も来ていないみたいで、結局設定を終えることすら出来ませんでした。。・゚・(ノД`)・゚・。
 ということで、CATV局に頼んで地デジが見られるように工事をしてもらわなければ、今回のパーツが無駄になってしまう・・・。
 それまで、今回の製品についてのレビューはおあずけということにさせて下さい。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:53 | コメント(0) | PCパーツ