2009年03月30日

設置後の環境

 昨日は「LG Electronics Japan W2600V-PF」の製品自体について書きましたが、今日は、使用環境の変化について書いてみたいと思います。

 まず、今までは、19インチと17インチのCRTをデュアルディスプレイにして、左にメインとして19インチ、右にサブとして17インチを置いて使っていました。
 今回26インチ(正確には25.5インチ)のものを購入し、今までのもののどちらかとデュアルディスプレイにしようと思ったのですが、スペース的に置く場所が無かったのでそれは断念し、今回のものだけにすることにしました。

 ちなみに、ディスプレイの両脇に、コンポ用のスピーカーをPCのフロントスピーカーとして置いているため、ディスプレイを置くスペースが無かったのです。
 以上の理由から26インチをセンターに置いたのですが、それだと左右にちょっとスペースが空いてしまうのですが、まぁそれはしょうがなしとしました。

 次に、実際にいろいろな作業をしてみた感想ですが、ディスプレイの位置がすこし変わったため、キーボードやマウスの位置が合わなくなりました。
 そこで、いろいろ位置をずらしながら試したのですが、なんかしっくりくる位置がないのです。
 今までは、左右のディスプレイを中心方向へ向けていたので、キーボードもメインディスプレイに合わせ斜めに置いていたのですが、今回はディスプレイが真っ直ぐ向いているので、キーボードも真っ直ぐにしたのですが、何かディスプレイが斜めになっているような気がするのです。
 もちろんディスプレイもキーボードも、台に対し真っ直ぐ置いています。

 そこで、ディスプレイを少し斜めにすると、今度は奥側が遠く感じるのです。
 まぁ、この辺は慣れるしかないんでしょうけどね。

 次に、ソフト制作などのテキスト入力についてですが、今までのものに比べ、文字が細く見えるのです。
 CRTでは文字がにじむため太く見えていて、液晶だとクッキリ、ドット単位で見えるからだと思うのですが、この辺も違和感がありました。
 まぁ、CRTでも液晶でも設定次第でそれなりに変えることは出来るんですけどね。

 次に、実際に入力していると、自分の目の高さくらいのところは、きちんと色の違いがわかるのですが、ちょっとスクロールなどして上や下に行くと、色によっては色が解りにくくことがありました。
 具体的には、緑色がそうで、ちょっとずれると黒色に見えるのです。もちろん文字の高さまで目線を合わせると色は解るんですけどね。

 この他には、ウインドウを最大化すると幅が広すぎて結構大変?だったりします。
 エクスプローラーではファイルが横に並びすぎるし、ブラウザだとセンタリングしてあったり、全体に表示するようにされているページはかなり見にくかったりします。
 幅が広いままスクロースさせると、画面全体が動くため、なんかすごく動いている感じがします。
 普段は左端を使うようにして、必要なときだけ右端まで使うようにしたらいいんですかね?
 この辺も、見やすい・使いやすい位置やサイズを探し出さなければ・・・。

 あと、昨日、動画を見るのは良くなったと書きましたが、デジカメ画像などもきれいに大きく見ることが出来るので、これについてもかなり良いです。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:19 | コメント(0) | PCパーツ

2009年03月29日

液晶ディスプレイ

 今日は、先日注文した液晶ディスプレイが届きました。ぴかぴか(新しい)
 今回購入したのは左図のLG Electronics Japan W2600V-PFで、まず、届いてすぐ思ったことは、いろいろレビューを見ていて「意外と大きい!」と書かれていたので、それなりに大きいのかと思っていたのですが、私の場合は特に大きいとは思いませんでした。

 まぁ、PCのディスプレイとしては大きいのかもしれませんが、テレビと比べると特に大きい訳ではないので、そう思ったのかもしれません。
 実際にPCと接続して設置してみてもそれほど大きいとは思いませんでした。
 今まで使っていたのは19インチのCRTで、画面解像度1600x1200にしていたので、解像度的にも幅が320増えただけですからね。
 といっても、表示面積は格段に大きくなったんですけどね。

 ちなみに、価格はソフマップで31,500円のポイントが10%ついて、実質約28,000円です。(画像はNTT-Xさんのですけど・・・)
 今なら、さらに700円安くなってますけどね。orz

 それはともかく、使ってみた感想ですが、とにかく明るくてコントラストが高い!って感じです。
 なので、輝度とコントラストを下げ、自分好みの設定に調整しました。

 操作系は、電源や画面設定のボタン?がタッチセンサーになっているので、本当に触れるだけで反応します。おかげで最初は結構戸惑いました。
 しかし、慣れると簡単に操作出来るのいい感じです。
 ただ、悪いところというか気になったのは、操作用の文字がちょっとでも暗いと見にくいので、近くまで寄らないといけないことです。
 あと、反応が良すぎて、設定しているときに値が一気に変わりますが、コツをつかんで「ちょっちょっ」という感じでこまめにタッチするとうまくいくようになりました。

 次に、肝心の表示についてですが、視野角については、PC操作がメインでほとんど正面からしか見ないのでそれほど気にならないだろう、と思っていたのですが、意外と端の方が色が変わって見えます。
 もちろん、端の方まで移動して真正面になればきちんと見えるのですが、これは結構予想外でした。
 特にWEBサイトなどを見ていて、訪問済みで色が変わっているのかどうかが解りづらかったりするし、テキストの文字が茶色に見えたりします。
 まぁ、この辺は慣れればそれ程気にならなくなると思います。

 次に、フルHDの動画(ビデオカメラの動画)を見ると、とにかくきれいに、大迫力で見ることができます。
 レビューでも書いている人が多かったのですが、これだけでもこれを買って良かった、と思えるほどです。

 次に機能についてですが、「F-engine」という映像エンジンが搭載されているのですが、メニューから目的にあった画面設定を選ぶとそれにあった画質になります。
 これは、動画用や画像用などがあり、ほとんどがかなり明るくなります。実際にはあまり使わない機能かも?

 次に、結構楽しみにしていた「
PIP(Picture In Picture)機能」なのですが、残念なことに、これはメインをD-Sub接続し、サブをHDMI接続しないと機能しないものでした。
 まぁ、商品紹介のところにもきちんと書いてあるので、見てなかったのが悪いのですが、ちょっとガッカリでした。

 全体的な評価をすると、他のディスプレイと並べて比較しない限り、画質が悪いとは全く思わないし、この価格でこの大きさ、フルHD対応のものが買えるので、
正直、安かろう悪かろうなのでは?と思う部分もあったのですが、かなり満足です。
 もちろん、三菱やナナオなどはもっときれいなんでしょうが、価格的なものを考えれば十分満足できるものだと思います。(同クラスのものが2〜3倍しますからね!)

 あと、ドット欠けもなく一安心でした。(実はかなり恐れていた?)
 意外とこの型ではドット欠けがあったというのを見かけなかったような・・・。

 ということで、今後は横長なソフトが増えるかも?( ̄∇ ̄)
ランキングへ  posted by 遠雷 at 01:22 | コメント(0) | PCパーツ