2008年12月10日

購入品レビュー

 今日も、システム再構築作業の続きをやりました。
 とりあえず今日は、昨日届いた製品について書きたいと思います。

 まずHDDですが、左図のWESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDD 1TB IntelliSeek 32MB SATA 3.5inch(GP333) WD10EADSです。
 今までメインで使っていたHDDと、外付けのHDDもWESTERN DIGITAL製で、音が静かでそれなりに速度も出ていたのでこのメーカーにし、キャッシュが32MBで価格が安いものを選んでこれになりました。

 使ってみた感想ですが、まず、速度面では一台で、今まで2台でRAID0にしていたものよりも速く、速さの点では満足できます。
 次に音ですが、いろいろレビューを見ていると「結構静か」という意見が多いのですが、今まで使っていたものもかなり静かだったので、それほど静かだとは思わず、音の質が変わったな、という程度でした。

 ただ、ちょっと最初にデータを移動させるのに、ケースの外に出してデータを大量に移動させていたのですが、本体を触ってもあまり温度が上がっていませんでした。
 外付けのHDDとかは、ちょっと使うとかなり温度が上がるのですが、放熱能力が高いのか、発熱自体が少ないのかわかりませんが、とにかく温度は上がらないようになっているみたいです。

 今回購入したHDDの容量は1TB(1000GB)なので、容量不足になることもなく、壊れない限り買い換えることはないのでは?と思っています。
 といいながら、容量があるからといって無駄なものをため込んで足りなくなったりして・・・。(^^ゞ

 次に、スーパーマルチドライブですが、これは左図のものとはインターフェイスが違いますが中身は同じもので、BUFFALO DVD-RAM/±R(1層/2層)/±RW対応 Serial ATA用 内蔵DVDドライブ ブラック DVSM-SL20FBS-BKです。

 何故速度が最高のものではなく、また、価格が安いものでもなく、中途半端な?これにしたかというと、中身がPIONEER製のドライブで、バッファロー独自のPower Readという機能がついていて、ほこりなどの進入を防ぐような設計になっているからです。

 まず、安いドライブはレビューを見てみると、どれも「音がかなりうるさい」と書かれているし、そうかといって評価の高いPIONEERのドライブは価格が高い、ということで、中身は同じで外観がちょっと違うこれにした、という訳です。

 使ってみた感想ですが、音に関しては確かに少し静かな気がします。
 といっても、メチャクチャ静か、という程ではなく、ほこりを進入しにくくしているという構造上からか、音が内部にこもったような感じです。
 まぁ、音に関してはソフトを使って速度を調整したりすれば、かなり静かになる見たいですけどね。

 次に、目当てだったPower Readについてですが、とにかくディスク読取り時に効果があると思っていたのですが、説明書を見てみると、DVD再生時や音楽CD再生時に機能する、みたいなことが書かれていて、データディスクの場合については書かれていませんでした。
 これについてはちょっと勉強不足?だったのか、ちょっと残念でした。

 あと、付属ソフトについてですが、すべてCyberLink社製で統一されていて、今まで使っていたライティングソフト「BHA B's Recorder GOLD9」では、対応品になっていなかったので、仕方なく付属のものを入れました。
 このソフトをちょっと使ってみたのですが、誰でも簡単に使えるようになっているような感じなのですが、やはり今までずっと使ってきたものの方が使いやすいような気がします。

 この他に、Ejectボタンは、PIONEERのに比べ、やはりちょっと安っぽい感じなのはしょうがないですね。

 システム構築については、今日もいろいろあったのですが、長くなったのでまた明日にでも書きたいと思います。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 01:03 | コメント(0) | PCパーツ

2008年12月07日

メインHDD故障

 今日はまず、メインのHDDが壊れそうです。orz
 ことわざについてやっている時、急に画面がフリーズし、PCから「カコーン、カコーン」という音が・・・。(^o^;

 この状況にしばらく私もフリーズしていると、ちょっと音が止んだので、その隙に作業中だったファイルなどを保存し、どうしようか悩んでいるとブルー画面になったので、やむなく電源を切りました。

 次に、恐る恐る電源を入れてみると、メインのHDDは2台でRAID0にしているのですが、そのRAIDのBIOS画面のところで、赤字でHDD1が故障という文字が・・・。(実際には多分、error occurredという英語でした)
 しかし、そのままにしていると、普通にWindowsが起動し始めたのでそのままにして様子をみていると、最初に「Intel Matrix Storage Consol」が起動し、「ディスク1でエラー発生」と表示され、「読み取りまたは書き込みに失敗しました」さらに、「データをバックアップして下さい」と表示されていました。

 ということで、問題のないうちにバックアップしなければと思い、必要最低限のものだけ外付けHDDや、IDE接続してあるHDDへと移動させました。
 この間は、まったく変になる様子もなかったので、ついでなので、いろいろ整理しながらバックアップ作業をしました。
 今回は、恐らくデータの破損などはなかったみたいなので一安心なのですが、さすがにいつ壊れてもおかしくないものを使い続ける勇気はないので、もうシステム入れ替えをするつもりで、データの整理などもしました。

 実は昨日、「HDDも最近安くなってきたのでひとつ買っておくか!」ということで、マルチDVDドライブと一緒にITバイトのHDDを注文していたのです。
 注文品も「今日送った」というメールが来たので、明日くらいには到着すると思うのです。
 まぁ、今のこの時期だから多少は遅れるかもしれませんが、不幸中の幸いで、まさにグッドタイミングでした。(*^ー゚)b

 今回壊れたHDDは、ちょうど3年前に購入したもので、160Gx2でRAID0を組んでいました。
 RAID0は確かに速度は速くなりますが、壊れた時のダメージは大きいという、まさに諸刃の剣ですね。

 ということで、もうRAID0は止めようかなと思います。
 理想はHDD4台とか5台でRAID0+1とか5とかにすればいいのですが、さすがにそこまでは・・・。
 昨日メール消失したフリーズも、ひょっとしてHDDが原因だったのかも?と思ってしまいました。

 以上のように、今日はHDDの故障におびえながら、何も手に付かないまま大したことが出来ないままだったのですが、何か不気味な程、何事もなかったかのようにPCは動いているので、ちょっとだけソフト改良作業をしてみました。
 明日くらいには、べータ版を更新できるのでは?と思っています。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 01:06 | コメント(0) | PCパーツ