2008年10月27日

品切れ?

 今日はまず、「ことわざの部屋」の「」の項目を更新しました。
 今回は、63個追加の2ページ増になりました。
 最近はずっと毎週日曜日に更新できているので、なんとかこのペースで更新していけたらと思います。

 次に、ソフト関係は「ファイ名変更君」の新しいタイプ用のアイコンの作成をしました。
 今までのものより多少は良くなったのではないか?と思います。

 今回アイコンを作る時、新タイプはWindows 2000以降を対象にし、Vistaも対象にしようと思っているので、Vista用のアイコン(250x250)も作ろうと思ったのですが、ファイルサイズも大きくなるし、今のものを拡大表示してもそれほど変にならないので、今回は入れないことにしました。

 次に、先日紹介したcanon用のインクリセッタですが、最近発売されたばかりだからか、売ってないところが多いです。
 ここで紹介したアマゾンは、マーケットプレイスのヒットラインが在庫有りになっていたのですが、今見たら表示自体が無くなっていました。
 アマゾン自体は、納期が1-3週間になっているし、その他にツクモなどでも取り寄せになっています。

 直接ヒットラインのサイトへ行ってみると、そこでは在庫有りになっているのですが、このショップは土日祝祭日は休日になっているので、月曜になって、やっぱり在庫がないので待ってくれ、といわれても嫌なので様子をみることにしました。

 価格的には、ヒットラインのサイトが一番安いのですが、配送業者が例のところだったので躊躇してしまった、というのもあるんですけどね。
 あと、一番有りそうなエレコムダイレクトには、まだ入荷されていないのか表示自体がなかったです。
 他には楽天市場内にもあったのですが、発送までずいぶん日にちが掛かるし、送料などをいれると結構高くつくので止めました。

 ということで、まだ注文すらしてないですが、もう少し様子をみて有るようなら注文しようと思います。
 もちろん、届いたらここで報告したいと思います。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:55 | コメント(0) | PCパーツ

2008年10月25日

CANON インク用リセッター

 今日はまず、プリンター用の詰め替えインクを買った話から書きます。

 以前、インクが少なくなって警告が表示されるようになったけど、ほとんど使わないのでしばらくは買わないと書きましたが、ちょっとプリントアウトとしたいなと思ったときに、エラー表示され結局印刷できなかったので、これでは不便なのでということで、エレコムの詰め替えのインクを買いました。

 買ったものは右図のもので、4色と大きい黒用のすべてセットになっているもので、今回少なくなっているのは黒を除く3色なのですが、バラで買うよりこのセットを買ったほうが安上がりなのでこれに決めました。

 以前ここで紹介したエプソン用のとは違い、本当にシンプルにインクと、ちょっとした治具が付属しているだけでした。
 まぁ、その分値段がかなり安いんですけどね。
 購入する時、色んなところと価格を比較してみたのですが、アマゾンが一番安かったのでここにしました。
 それにしても、定価が5,000円近くするのに、約3,000円なので安いですよね。

 ただ、エプソン用のとは違いカートリッジのICリセッタが付属してなくて、キャノン用はICをリセットできないんですよね・・・、と思っていたのですが、いまアマゾンのサイトを見てみるとなんとリセッタが発売されていました!( ; ゚Д゚)
 対応カートリッジをみてもちゃんと今回買ったものが入っています。
 これは買わなければ!!!ちょっとびっくりです。
 なんと発売日を見てみると、2008/10/23になってるじゃないですか!!!まさに出たばかりです。

 ちょっと興奮しすぎましたが、冷静になって価格を見てみると、定価約5,000円なんですね。
 ちょっと高いですが、きちんとリセットできて、ずっと使えることを思えば安いかもしれませんね。

 まぁそれはともかく、インクの詰め替え作業についてですが、本当にシンプルで、付属の器具(器具と呼べるほどの物でもないですが)を使って、瓶ラムネのビー玉を落とすような感じで、栓をしてあるボールを外します。
 このとき、説明書に「体重をかけて行なって下さい」と書いてあったので、「また、大げさなw」と思ったのですが、ほんとうにこれが固くてかなり力が必要でした。
 説明書に「多少まわりが壊れますが、問題ないです」と書いてあったこともうなずけます。

 次に、インクが漏れないように付属の治具にきっちりはめます。
 自然の原理に従えば、2箇所(上と下)に穴が開いていれば当然液体はこぼれますからね、普段の使用時は、穴が一つで漏れない(漏れにくい)状態になっています。

 あとは付属のインクボトルから直接注入して、インクが漏れないように開けた穴の部分に付属のゴム栓をすれば終わりです。
 このとき、ゴム栓をする前に治具から外さないように、外すと悲惨なことになりますよ。(アマゾンのレビューには失敗した人が・・・)
 注入する時、インクはスポンジに吸われてタンクの中は半分くらいになるのですが、これでいいみたいです。
 これを欲張って?追加すると、これまたインクが漏れるらしいです。

 次に、今までならインク残量警告を無効にする作業になるのですが、今回は運が良いことに、そこまでインクが減ってなくて、試し印刷までは出来たので、無効にする作業まではしていませんでした。
 これで、ICリセッタを使えば次からも残量警告機能がきちんと使えるようになります。
 今までは、この機能が使えなくなるのがデメリットだったのですが、これからは良くなりそうです。

 今日は、この他に「CMFCDesktopAlertWnd」についても書こうと思っていたのですが、予想外の出来事(ICリセッタ)があったので、明日以降に回したいと思います。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 01:11 | コメント(16) | PCパーツ