2008年08月26日

組み直し

 今日は、今までこつこつと交換してきてあまった部品で2号機を作りました。(正確には作り直した?)
 その時、以前ここに書いたのですが、Pentium DのリテールヒートシンクにCore 2 Duoのリテールファンを組み合わせて使ったらどうか?ということ実践してみました。

 その結果、Core 2 Duoのリテールファンのマザーボードへの取り付け部分が、まわりにあるチップセットのヒートシンクやコンデンサなどに当たり、結局取り付けは無理でした。orz

 ということで、HDDとDVDドライブ以外はつい最近まで使っていたシステムになり、Windowsをクリーンインストールしました。
 相変わらずなにやら高音が聞こえ、うるさいままです。
 結局何が原因だったのかわかりませんが、少しづつ部品を変えていくうちに気が付くと音がしなくなっていた、という感じで、今回もう一度ほぼ同じ構成で組み直すと音のひどさがよくわかります。
 恐らくですが、マザーボードが悪くなってどこからか音が出ているような気がします。

 以上のように、今日はPCを組み直し、Windowsのクリーンインストールで時間が過ぎ、他に何も出来ませんでした。
 ちなみに、今回組んだPCは現在の3号機の代わりに使い、2号機は無し(というか、これが2号機なのですが)にしようと思っています。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:22 | コメント(0) | PCパーツ

2008年08月22日

撮影台作成

 今日も昨日の続きで、CPUクーラーについてのまとめページ作成作業をしました。
 取り付けの様子をまとめたページ→「PCパーツの部屋 -CPUクーラー-

 今日は、掲載用の写真を加工していて、ここにも掲載しましたが、CPUクーラーの写真を撮るときにマザーボードの箱の上で撮ったのですが、その箱が結構派手で、色はメタリック系だし、説明用の文字などが沢山あったので、いざ加工して圧縮しようとしてもサイズが小さくならないのです。
 さすがに640x480程度の画像が100kbを超えるのはおもしろくないし、そうかといって圧縮しすぎて画像が汚くなるのもおもしろくないので、撮影用の台みたいなものを作ろう!ということになりました。

 その土台にする材料は、段ボールが光も反射しないし、色もほぼ一色だし、加工も簡単なのでいいのではないか?ということになりました。
 まぁ、一番はゴミにしかならない物を再利用できる、という点だったりするのですが・・・。

 ということで、早速作ってみました。
 といってもガムテープで貼り付けるだけなのですぐできるのですが、まわりのものが写らないようにある程度の高さの囲いにしました。

 完成した後に早速もう一度リテールファンを撮影し直しました。
 すると、意外なところでもこの効果があらわれました。
 それは、撮影対象のものにピントが合いやすく、写真がぼける事が無くなったのです。
 今まではちょっと油断すると、下の文字や後のものにピントが合っていたのが、これを使う事により無くなりました。

 という訳で、次は画像を加工してみました。
 すると、同じ物を撮った写真で同じサイズにして保存しようとすると、サイズが約半分くらいまでになりました。
 う〜ん、もっと早く気付いてこの方法でやっていれば良かった、と思いました。
 といっても、以前ここに貼った立体パズルは届いた段ボールの上で撮ったんですけどね・・・。

 ということで、今日撮った写真から、リテールファンの取り付け用の引っかかり部分が壊れたものを貼り付けてみます。
 左が正常なもので、右が壊れたものです。
ピン
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:50 | コメント(0) | PCパーツ