2009年10月30日

PCMCIA USB2.0 & メモリーカードリーダー

 今日は、香港のサイトで注文したCardBus用のUSB2.0カードとメモリーカードリーダーが昨日届いたので、それについて書きたいと思います。

 まず左図のUSB2.0カードですが、CardBusに差し込んでも出っ張らない、いわゆるツライチというやつで、補助電源用のケーブルも付属していました。
 図を見てもらえばわかる通り、なにやら怪しげな?中国語が書かれています。
 といっても中身はちゃんとしていて、NECのチップが搭載されています。

 実際にスロットへ差し込んでみると、下側の図のようにきちんとツライチになり、別のPCカードを差すことも出来ます。
 しかし、USBへ差す端子によっては端子に厚みがある分、もう一つのスロットの邪魔をする可能性が大きいです。
 もう一つのスロットへ差すものによっては、USB端子へは差し込めない、なんてことにもなりそうですが、単独で使うには出っ張らず邪魔にならないので良いかもしれません。

 実際に使ってみると、速度面ではPCカード→CardBus→PCIという経路を通るため、通常のマザーボード直付けのUSBに比べ速度は遅かったですが、USB1.1に比べれば随分速いので十分満足です。

 次に、左図のメモリーカードリーダーですが、左上に書かれているメーカーはEDUPとなっていますが、型番の「MCR-5A」で検索すると、現在は販売されていませんがBuffaloから販売されていた製品のようです。
 実際にスロットへ差し込んでみると、USBカードと同じように出っ張らずツライチになり、この二つなら同時利用が可能そうです。

 実際に使ってみた感想ですが、まず、メモリーカードの抜き差しはスロットへ差し込んだままではほぼ無理で、PCカードごと取り外さなければいけないようです。
 次に転送速度ですが、この製品はデバイスマネージャを見てみるとIDE/ATAPIコントローラーになるみたいで、転送速度が「PIO」になっていました。
 ということは、当然転送速度は遅いのです。実際に速度を計測してみると、USB接続タイプのメモリーカードリーダーと比べてみると随分遅く(約1/10)、USB1.1より少し速いかな?という程度でした。

 はっきり言ってこれでは使い物になりません。
 今はUSB接続タイプのものがほとんどで、この手のものがないので購入したのですが、ここまで遅いと最近の大容量メモリーカードを使うにはかなり厳しそうです。
 まぁ、Buffaloのサイトを見てみると、2GBのものまでしか対応してないみたいで、手持ちの2GBは認識しましたが、8GBは予想通り認識しませんでした。

 ちなみに、これらの価格はUSB2.0カードが$10.21で、メモリーカードリーダーが$7.57で送料無料でした。
 注文から約2週間くらいで手元に届きました。
 USB2.0カードはおすすめですが、メモリーカードリーダーはどうしてもPCカードが良いという人以外おすすめできません。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:41 | コメント(0) | PCパーツ

2009年10月29日

PLANEX 高速無線LANルータ&PCカードセット MZK-W04N-PK(設定編)

 今日は昨日書いた続きで、「PLANEX 300Mbps 11n/g/b 高速無線LANルータ&PCカードセット(WPSボタン) MZK-W04N-PK」を実際にセットアップしたことを書きたいと思います。

 まず、新しいドライバなどがないかPLANEXのサイトを探したけど無かったので、付属のCDからCardBus用のドライバや接続ツールをインストールしました。
 ここでデバイス マネージャからドライバの情報を見てみると、日付が2007年になっていたので、さすがに古すぎるのでは?と思い、使用されているチップが何かを調べたところ「Ralink Technology, Corp rt2860」だということがわかりました。
 そこで、このチップ対応の最新ドライバがないか探したところ、2009年3月24日更新のドライバと接続ツールが見つかりました。

 接続ツールについてですが、付属のはPLANEX製だったのですが、今回ダウンロードしたものはRalink製で、GUIがちょっと素人っぽい?感じで色鮮やかでした。
 しかし、機能的には接続状態のスループットがグラフ化されて表示されたり、電波の状態を表示しているところにも画像が使われていたりで、ぱっと見でわかる感じなのです。
 付属されていた接続ツールをほとんど使っていないのであまり比較できませんが、新しいだけあって良い感じなのではないでしょうか?
 さらに、このソフトは英語版しかないのですが、何となくわかるのでこれで良しとしましょう。
 しかし、プロファイル名など日本語を使おうとすると文字化けするのが難点かも?

 次に本体の方ですが、今まで使っていたルータの代わりにこれを使うようにし、今まで通り2台を有線接続し、ノートパソコンだけ無線で接続するようにしました。
 本体の設定はLANケーブルを接続して行うのですが(無線でも出来るが推奨されていない)、無線の暗号化はセキュリティーの高いWPA2を使いたいのですが、任天堂DSを接続するためにはWEPにしなければいけないしで、ちょっと悩んでいます。
 まぁ、DSではほとんど接続しないので、普段はWPA2にしておいて、必要なときだけWEPにすればいいかな?と思っていたのですが、よく調べてみると「マルチESSID」というのがあり、これを使う事により複数のセキュリティー設定で複数の接続ができることがわかりました。
 ということで、早速任天堂DSの方でも接続設定をしてみると、きちんと接続できました。
 今まで家庭内LANでファイルの共有などをしていたのですが、それらもきちんと有線・無線ともに共有できることを確認できました。
 これでノートパソコンを有意義に使えそうです。

 セットアップした初日はきちんとつながっていたのですが、次の日にPCを起動させると自動で接続されず、手動で接続させても左図のように周期的に切断されたりつながったりを繰り返すのです。
 そこで何が原因か調べていると、電波の干渉というがあったので、前日の最後にDS用にESSIDを追加したのが原因かも?と思い、それを使わないようにしたのにダメでした。
 ここでちょっと気が付いたのですが、今まで見た事のない電波の強い「HT_AP1」というIDが表示されているのです。
 少し気になったので調べてみると、PLANEX特有のバグで、一度ESSIDを追加すると、それを無効にしても電波が飛ばされ続けるというものでした。
 機種によっては何もしなくてもこれらの電波が飛ぶ事もあるみたいで、場合によっては暗号化なしのかなり危険な状態になるみたいです。

 この症状の回避策は、すべて有効にして暗号化させるか、本体を工場出荷状態に戻し、完全に項目を削除するしかないみたいです。
 私もそうすべくすべて有効にして暗号化させたのですが、追加した2番目3番目を暗号化させる時のパスワードが「*」にならず、そのまま文字列が表示されていました。
 これもバグなんでしょうね。メインと追加の1番目はきちんと「*」になっているし、通常パスワードは「*」になるものですよね?
 今回の事を調べていると、PLANEXはかなり評判が悪いですね。そのため今回のように安売りされているのかもしれませんね。
 まぁ、普通は古い型は回収して自社できちんと処理するものですが、おそらくこの商品は中身を取りだしファームウェアを書き替えただけっぽいですからね。

 それはともかく、ESSIDを追加して問題を回避しようとしたのですが、やはり無駄なものがいくつも表示されるのは面白くないので、結局、工場出荷状態に戻しました。
 接続できない問題は、電波の干渉などではなく、ただ単にパスワードが違っていたからでした。
 といってもこちらのミスではなく、ESSIDを追加すると、何故か最初のパスワードが変わってしまうというバグのせいでした。
 そこでもう一度パスワードを設定し直すときちんとつながるようになりました。
 パスワードが変わるバグはきちんと実験したので間違いありません。
 この辺でつながらないという人が出て来るのかもしれませんね。

 次に、実際に使ってみた感想ですが、まず有線の方は今までに比べて速く安定するようになった気がします。
 ダウンロード時の速度も今まで出た事がないような数値が出ていたし、何故か突然つながらないサイトが出てくるという事もなくなりました。
 無線の方も、2階に本体を置き、1階で使用していても途切れることなく、速度も有線と変わらないくらい速く安定して接続できています。
 総合的に見ると、途中いろいろ問題が発生しましたが、安い値段で無線LANが組め、速度も速くなったので大満足です。
 ちなみに私はPLANEXの社員ではありません。(笑)

 ちょっと書き忘れていたのでここで書くと、CardBusに差したPCカードは、本体から約3cmほど飛び出すのでちょっと邪魔かも・・・。(ノ∀`)

 ※注: 追加情報有り。→「無線LAN問題解決?

 あと、ノートパソコンに関するパーツ交換や分解の様子を掲載したWEBページを現在制作中で、途中までですが、もう少しで公開できそうです。

 次に、最近おろそかになっているソフトのバージョンアップですが、現在Windows Vista/7に対応させるべく改良中で、「ファイル名変更君」は新たな機能も追加済みで近々公開できそうなのですが、もう少し改良したい気もするので、公開時期はまだ未定です。
 それより先に、大して改良するところがないソフトを対応済みにして公開するかも?

 最後に、20日に発送されたUSB2.0用のCardBusとメモリーカードリーダーのCardBusが今日届きました。
 これらについてはまた明日にでも書きたいと思います。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:29 | コメント(0) | PCパーツ