2008年08月20日

撮り直し?

 今日は昨日の続きで、CPUクーラーのまとめページの制作をしました。
 取り付けの様子をまとめたページ→「PCパーツの部屋 -CPUクーラー-

 とりあえず、全体の流れと項目のテーマなどを決め、後は内容を書いていくだけの状態まで進んだのですが、色々考えてみると、説明するための写真が少ない事に気付きました。
 例えば、こういった説明をしたいのに、肝心のその部分が写っている写真がない、とか、この写真の別角度から撮ったものがあったら、とかです。
 下手すると、もう一度バラして写真を撮り直さなければいけないかも?

 次に、今日の気になる検索フレーズですが、「カレット位置とは?」というのがありました。
 カレットとは、テキストエディタやエディットコントロールなどにフォーカスを当てると、文字が入力される位置を示している「しるし」のことで、一般的なものとしては、縦棒が点滅しているものや、アンダーバーのようなものがあります。
 ちなみに、この点滅間隔はキーボードの設定から変更できます。

 以上のように、キーボードを打つと文字が入力される位置を「カレット位置」といい、縦棒やアンダーバーが点滅している位置のことです。
 このカレット位置は、マウスで直接目的の位置を指定することもできるし、キーボードの矢印キーやHomeキー、Endキーなどでも移動させることができます。
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:36 | コメント(0) | WEB制作

2008年08月19日

まとめページ制作

 今日は、随分前から書いている、CPUクーラー取り付けについてのまとめページを作る、というために、ペ−ジレイアウトやデザインなどについて考えてみました。

 最初はまとめ用のページを完全に独立したものにして、ペ−ジレイアウトやデザインを作り直そうと思ったのですが、考えているうちに面倒臭くなって、結局今ある「ソフトウェアの部屋」と同じデザインを使う事にして、このサイトのコンテンツの一部にすることにしました。
 とりあえずは前述のようにするとして、今後時間ができればきちんと作り直していけばいいのではないかな?なんて思ったりもしました。

 ということで、おおまかな枠組みができたところで、早速メインの部分を制作していく訳ですが、ここで、記事の書き方や画像の貼り方についてのレイアウトなどをどうするか?というところで、またまた悩んでしまいました。
 どうせ作るならきちんとしたものが作りたいし、今後同じようなまとめペ−ジを作るときのベースにしたい、というのもあってなかなか進みませんでした。
 一度デザインやレイアウトが決まれば、これから後はどんどん進んでいくと思います。

 次に、これまたCPUクーラーについての話題なのですが、Pentium DのリテールファンとCore 2 Duoのリテールファンを見ていて思ったのですが、ヒートシンクはPentium Dの方が大きく、中心部分に銅が使われていて放熱能力は上だと思われ、ファンはCore 2 Duoの方が大きく消費電力は小さいので回転数が小さいと思われます。
 ということで、Pentium DのヒートシンクにCore 2 Duoのファンを取り付けると静かでよく冷えるCPUクーラーができるのでは?なんて事を考えてしまいました。

 そこで、これが実現可能かどうか、それぞれをヒートシンクとファンにばらし、取り付けようとしてみました。
 以前にも書いた通りヒートシンクの直径は同じで、高さ(厚さ?)が違うだけなので取り付け可能なのでは?と以前から思っていました。
 ということでやってみると、ぴったり!とまではいきませんが、ほとんど無理がない程度に取り付けることが出来ました。

 ヒートシンクに引っかけるツメの部分は少しズレますが、落ちないように引っかかる程度にはなるのでいいのではないでしょうか。
 基本的にヒートシンクの直径は同じなので、ガイド用の押さえ部分などはピッタリとはまるため、がたつく事もなさそうです。

 今回のことについても同様に、前述のまとめページに掲載できたら、と思っています。
 取り付けの様子をまとめたページ→「PCパーツの部屋 -CPUクーラー-
ランキングへ  posted by 遠雷 at 00:47 | コメント(0) | WEB制作